インフルエンザの薬といえばタミフル。しかし、あれだけ問題になれば使いたくないという方も多いと思います。どんな薬を服用する場合も必ず気になるのは副作用、リレンザという薬は副作用が少なくぜひ皆さんに知っていただきたい薬です!

リレンザとリレンザを手に持つ男性の画像

リレンザが効かない場合とは

リレンザはインフルエンザに効果を発揮する薬であり、病院でもインフルエンザの治療のために処方されています。流行する時期に使用することにより、治療だけでなく予防にも役立つでしょう。この薬はインフルエンザA型とB型の両方に効果がありますが、C型については効かないということです。リレンザは予防接種と同じようにインフルエンザにかかりにくくする効果がありますし、感染した場合は症状の悪化を防ぐ効果があるのです。インフルエンザは感染すると辛い症状が出てしまいますし、感染しないように予防することが大切です。予防接種も感染を防ぐことに繋がりますが、インフルエンザの流行時期の前にリレンザを服用することにより、さらにインフルエンザにかかりにくくなるでしょう。また、予防としてリレンザを服用しておくと免疫力を高める効果も期待できます。インフルエンザには潜伏期間というものがあり、感染してから1~3日後に症状が出てくるということです。インフルエンザウイルスはかなり増殖スピードが速いですし、症状の悪化も早くなるとされています。リレンザにはインフルエンザウイルスを攻撃して増殖を抑えるという働きがあり、症状の悪化防ぐことができるのです。インフルエンザに発症してしまった場合、48時間以内にリレンザを服用することがポイントです。早く服用するほどインフルエンザウイルスの増殖を抑えることができるため、できるだけ早く服用するようにしましょう。病院でもその場ですぐに飲むように言われることがあります。また、48時間を過ぎて服用した場合、リレンザの効果がほとんどでなくなってしまうこともあるので注意しましょう。最近ではタミフルよりもリレンザの需要が高まっています。