インフルエンザの薬といえばタミフル。しかし、あれだけ問題になれば使いたくないという方も多いと思います。どんな薬を服用する場合も必ず気になるのは副作用、リレンザという薬は副作用が少なくぜひ皆さんに知っていただきたい薬です!

リレンザとリレンザを手に持つ男性の画像

リレンザと年齢と飛沫感染について

リレンザは国内の医療機関で処方されるインフルエンザ治療薬であり、他のインフルエンザ治療薬との違いについて知っておくと良いでしょう。インフルエンザ治療薬と聞くとタミフルをイメージする人も多いかもしれません。しかし、タミフルには異常行動などの副作用があるため、副作用のリスクが少ない薬としてリレンザが注目を集めています。リレンザは国内ではタミフルに次いで処方数が多いインフルエンザ治療薬であり、多くの人が効果を実感できるということです。しかし、リレンザには年齢制限があり、5歳以上限定の薬となっています。5歳未満の子供にはタミフルなど他の薬を使う必要があります。インフルエンザを予防したいという場合、その感染経路について知っておくと良いでしょう。インフルエンザの感染者が咳やくしゃみをするとウイルスが周りに飛び散ってしまうのですが、周囲にいる人がそのウイルスを吸い込んで感染してしまうのが飛沫感染となっています。飛沫の飛ぶ距離は咳で3メートル、くしゃみで5メートル程度であり、くしゃみの方が広く飛び散るということです。また、手で覆って咳やくしゃみをした場合、手にウイルスが付着して直接感染の原因となってしまうため、インフルエンザにかかった場合はマスクを着用するようにしましょう。また、インフルエンザは飛沫感染や直接感染だけでなく、ウイルスの感染力が強いので空気感染が起こることもあります。インフルエンザは冬になると流行するのですが、冬というのは空気が乾燥しており、ウイルスが浮遊しやすいということです。そのため適度な湿度を保ち、感染の拡大を防止するようにしましょう。ちなみに、リレンザには治療だけでなく予防の効果もあります。