インフルエンザの薬といえばタミフル。しかし、あれだけ問題になれば使いたくないという方も多いと思います。どんな薬を服用する場合も必ず気になるのは副作用、リレンザという薬は副作用が少なくぜひ皆さんに知っていただきたい薬です!

リレンザとリレンザを手に持つ男性の画像

リレンザの第二世代製剤を開発する第一三共と富山化学

 リレンザは、インフルエンザウィルスが拡散できないようにする薬です。インフルエンザウィルスは自分で栄養分をつり出せないため、他の生物に寄生しては、寄生した細胞内で増殖し、細胞外へ出てまた同じことを繰り返します。外へ出るときには数が増えていますから、時が経てば経つほど膨大な数になっていきます。リレンザは、ウィルスが寄生した細胞内で増殖しても、そこから外へ出られなくすることで数を抑制します。富山化学は、ウィルスが寄生した細胞内で、増殖自体できなくする薬を開発しています。第一三共は、1回の投与で済むインフルエンザ治療薬を開発し、政府はこの薬を備蓄することにしています。投与量が少なくて済むため、備蓄に向いていると言えます。リレンザは、1日2回、5日間吸入しなければなりませんが、1回の使用で済むなら、患者も楽です。
 インフルエンザは風邪の一種であり、安静にしていれば普通は一週間で治癒します。ただ、新型インフルエンザの出現が常に危惧されており、どのような強毒性がある新型が現れ、拡散するかまったく想像がつかないため、それに備えておくことは必要不可欠です。ウィルスが全身に蔓延してからの対処方法を考えるより、ウィルスが体内で増殖できないようにするほうが効率的です。インフルエンザウィルスは、生物内に入る前の段階なら、容易に減らせます。湿度を上げたり、アルコール消毒するだけでウィルスは死にます。しかし、体内に入ると猛スピードで増殖を繰り返し、撃滅するには体内の免疫細胞頼りとなります。免疫細胞がインフルエンザウィルス退治で手一杯になっていると、他の感染症にかかりやすくなり、肺炎球菌による肺炎などを併発しやすくなります。ウィルスの数を抑える薬は、そのために大事なわけです。