インフルエンザの薬といえばタミフル。しかし、あれだけ問題になれば使いたくないという方も多いと思います。どんな薬を服用する場合も必ず気になるのは副作用、リレンザという薬は副作用が少なくぜひ皆さんに知っていただきたい薬です!

リレンザとリレンザを手に持つ男性の画像

寿命とリレンザの使い方について

最近では平均寿命が長くなっていますが、インフルエンザなどにかかる人も増えています。そこで病気になった時の予防方法を知りたいという人もいるでしょう。インフルエンザ治療薬にはいくつかの種類がありますが、最近ではリレンザが使われることが多くなっています。リレンザはインフルエンザウイルスに感染してから48時間以内に使う必要があります。インフルエンザウイルスはかなり増殖しやすいため、できるだけ早めに薬を服用した方が効果が高くなるということです。ウイルスが増えすぎる前に服用することにより、インフルエンザの症状を軽減することができますし、1日程度回復を早くすることもできるのです。インフルエンザの治療を目的の場合は1日2回を5日間、感染の予防を目的としている場合は1日1回を10日間服用するようにしましょう。ちなみに、強く吸いすぎたり長く息を止めすぎたりすると、意識障害などが起きてしまうこともあるため、落ち着いた状態で吸入することが大切です。吸入タイプと聞くと使い方が難しいのではないかと心配する人もいるかもしれませんが、慣れてしまえば簡単に使うことができるのです。この薬には副作用のリスクがほとんどないとされています、しかし、全く副作用がないというわけではありませんし、喘息がある人などは服用に注意しましょう。リレンザの服用を途中でやめてしまった場合、インフルエンザウイルスが再び増殖してしまうことがあります。そのため症状が軽くなっても勝手に治ったと判断して服用をやめてしまうのは良くありません。また、リレンザを飲み忘れてしまった場合、気が付いた時にすぐ1回分を使用しましょう。飲む予定の時間が近い場合は1回分を飛ばして吸入することが大切です。